アメリカ西海岸在住、グータラ兼業主婦のグータラな日々。
by tuguki3964
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
引っ越しました。
新しい引越し先はこちらです。

なまけものってすごい...Ⅱ
カテゴリ
全体
今日の夕食
本日のランチ
食べること
作ること
お道具自慢
その他のいろいろ
ひとりじゃできないじゃん
レシピ
Norah
折り込みチラシ
2011 帰省
明日の朝ご飯
母がアメリカにやってきた
Halloween 2008
2008 夏休み
2008 帰省
Christmas 2008
お出かけ
成長の証
2009 帰省
2009 旅
Thanksgiving
2010 ビーチにて
Bahamas
2009 Christmas
2010 帰省
Anatolian Festival
サプライズ大作戦
今日のご飯。
2008 義父母がやってきた。
2010 一日だけの夏休み
INSF 2010
2010 2時間だけの観光気分。
徘徊中年。
2010 Christmas
検索キーワード
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
アメリカ南部ど田舎奮闘記
いつも食べることばかり
talk to myself
月桂樹~Laurus-n...
ハギスはお好き?
Tammi's Kitc...
*ヨーコさん家の台所*
楽子の小さなことが楽しい毎日
トルコ~スパイシーライフ♪
シンクロナイズドクッキング
コーンブレッドのある食卓で
ワーキングママの日記 カ...
酒とコーギーと男と女
Ninukitchen便り
ミカフェ
Beautiful waves
日だまりカフェ
らららのら~と暮らしましょ♪
知りたがりやの食べたがりや
美味を求めて~多国籍ロサ...
PoroとHirviのとおり道
ひびのしあわせ。
あじな生活
ごんの徒然。~LAから・...
美しき因果応報
Vintage Radi...
TREAT FOR ...
ももはな
ICEBLUE
Serendipity日和
ロサンゼルスの片隅から愛...
日々平安
hummingbird は
Tammi's Kitc...
街の灯り
最新のトラックバック
ママのフルーツケーキ(ク..
from Serendipity日和
ブラッドオレンジとレモン..
from イルンに居るんデス
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
シーフードサラダ(A T..
from TREAT FOR ..
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
シュレッドビーツのロシア..
from 知りたがりやの食べたがりや
(ヴァレンタインは無視し..
from ハギスはお好き?
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


逝っちまったか、たぬきジジィ。

2週間ほど前に、母から、102歳になる祖父が脳内出血で入院していて、意識も無いという連絡がありました。

チビで、デブで、不細工なクセに女癖が悪く、さんざん、醜聞を撒き散らしたオジジ。

私が知ってるだけで...片手以上の女がいた...。
(私が知ってるんだから、はっきり言って、もう “老年” に入ってからです。)

60代の後半には、苦労をかけ続けた妻を捨て、長年の愛人と同居。



わたしが、アメリカに高校留学していた時には、仕事関係の視察と称して、現地でのお世話係がいたとは言え、たった一人で渡米。
わたしの、ホームスティ先にもやって来て、一緒にディズニーランドにも行きました。 (ゲゲッ...。)
オジジ、73歳の時です。


わたしと同居人が結婚した時には “仕事が忙しいから。” と、北海道から東京への日帰り参加。
羽田から会場までひとりできて、一人で羽田へと帰っていった彼を見て、同居人の親族が、みな、ぶったまげてたなぁ~~~!
オジジ、そのとき、85歳。


80台の前半に、なぜか愛人と別れてからは、こじゃれたマンションで一人暮らし。

90過ぎまで現役に固執し、まわりにさんざん迷惑をかけました。


引退した後は、朝は3紙の新聞を丹念にチェックし、必要(?)な記事をスクラップ。
午後は、散歩と畑仕事。

主治医に膝の痛みを訴えて、杖を使うようにと言われ “そんな、年寄りくさいことが出来るか~~~!” といい、毎日、毎日、椅子に座って “腿あげ運動” に励んだのは...なんと、98歳の時でした。

100才を超えてもなお、携帯とデジカメを使いこなし、一人でお気に入りのホテルに泊まるためにお出かけし、なおかつ、飲み屋の若いねぇちゃんに相当の金をつぎ込んでいたらしい、オジジ。


そんな、オジジが、脳内出血ぐらいで、くたばるとは思えん!

普通に考えると、その年で、意識がないということは...ですが、でも、まぁ、彼に限っては 1ヶ月ぐらい過ぎてから、突然めざめ ”あ~っ、よく寝たな~!” などと言いかねない...と思ってたのですが...。


やはり、最後は、彼も、人の子。

数日前に、息を引き取ったそうです。



母から、電話があって、ごく普通の声で  “tugu おっきいじぃ、逝っちゃったよ。” といわれた瞬間、なぜか、涙があふれてきました。

ほんと、さんざん、振り回されて、うんざりしていたはずのオジジなのに...。


なんだかんだ言いながら、わたしは、おじいちゃんのことが好きだったんだろうね、きっと。

でっ、たぶん、おじいちゃんも、わがままで、屁理屈こきで、糸の切れたタコのような私が...気になってしょうがなかったんだと思う。



無い知恵を絞った、弔電の一部。

“予期せぬ知らせに、胸にぽっかりと穴の開いたような気分です。” 


でも、ほんとうは、地球の一部、ちっちゃな、ちっちゃな部分に、穴が開いたような気分だよ。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-05-10 14:22 | その他のいろいろ
<< 今日は、けっこうがんばった。 切った、並べた...切った、混... >>