アメリカ西海岸在住、グータラ兼業主婦のグータラな日々。
by tuguki3964
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
引っ越しました。
新しい引越し先はこちらです。

なまけものってすごい...Ⅱ
カテゴリ
全体
今日の夕食
本日のランチ
食べること
作ること
お道具自慢
その他のいろいろ
ひとりじゃできないじゃん
レシピ
Norah
折り込みチラシ
2011 帰省
明日の朝ご飯
母がアメリカにやってきた
Halloween 2008
2008 夏休み
2008 帰省
Christmas 2008
お出かけ
成長の証
2009 帰省
2009 旅
Thanksgiving
2010 ビーチにて
Bahamas
2009 Christmas
2010 帰省
Anatolian Festival
サプライズ大作戦
今日のご飯。
2008 義父母がやってきた。
2010 一日だけの夏休み
INSF 2010
2010 2時間だけの観光気分。
徘徊中年。
2010 Christmas
検索キーワード
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
アメリカ南部ど田舎奮闘記
いつも食べることばかり
talk to myself
月桂樹~Laurus-n...
ハギスはお好き?
Tammi's Kitc...
*ヨーコさん家の台所*
楽子の小さなことが楽しい毎日
トルコ~スパイシーライフ♪
シンクロナイズドクッキング
コーンブレッドのある食卓で
ワーキングママの日記 カ...
酒とコーギーと男と女
Ninukitchen便り
ミカフェ
Beautiful waves
日だまりカフェ
らららのら~と暮らしましょ♪
知りたがりやの食べたがりや
美味を求めて~多国籍ロサ...
PoroとHirviのとおり道
ひびのしあわせ。
あじな生活
ごんの徒然。~LAから・...
美しき因果応報
Vintage Radi...
TREAT FOR ...
ももはな
ICEBLUE
Serendipity日和
ロサンゼルスの片隅から愛...
日々平安
hummingbird は
Tammi's Kitc...
街の灯り
最新のトラックバック
ママのフルーツケーキ(ク..
from Serendipity日和
ブラッドオレンジとレモン..
from イルンに居るんデス
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
シーフードサラダ(A T..
from TREAT FOR ..
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
シュレッドビーツのロシア..
from 知りたがりやの食べたがりや
(ヴァレンタインは無視し..
from ハギスはお好き?
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さよなら、ナティー。

2010年は、訃報と共に明けました。

1日の朝、7時20分に電話。

フィリピン人の友人から、お母さんがなくなったという知らせでした。




ナティー。

享年89歳。



長女がお腹にいる時に、最初のご主人を、戦争で亡くし、その後、再婚。


優しいご主人との間に、さらに5人の子供に恵まれましたが、50代でふたたびご主人を失い、もうその頃は成人していた長女と次女に他の子供たちを託し、単身アメリカへ。


住み込みのメイド等をしながら、フィリピンに仕送りを続け、子供を育て上げ、一人、また一人...と、子供やその家族をアメリカに呼び寄せたゴッドマザー。



わたし達が出会った頃には、すでに痴呆が始まっていたのですが、とても、そんな苦労をしてきたとは思えない、笑顔が童女のようにあどけない、素敵なおばあちゃんでした。

なぜか、私たちのことは、すぐに Tugu  と Peko と認識してくれ、特に、同居人は、たまたま居合わせたときに転んで怪我をしたり、具合が悪くなって病院に連れて行ってあげたことが何度かあったせいか、妙に頼りにしてくれて、何かあると “大丈夫、Peko が連れてってくれるから...。” と言うほど。


一度などは、夜中に突然起きてクローゼットを開けたんで “どうしたの?” ときくと “Pekoが車でフィリピンに連れて行ってくれるから、仕度をしてるの。” なんてこともあったそうです。


ここ1~2年は、寝たきりで、ほとんど意識がなかったのですが、2009年の終わりと共に、まるで潮が引くがのごとく息を引き取ったそう...。



晩年、痴呆が始まってからも、ずっと帰りたがっていた故郷フィリピンで眠らせてあげるために、ご遺体はフィリピンに送るとのことで、こちらでは、正式なお葬式はせず、斎場を借りてお別れの場を設けるとのこと。


で、昨日、同居人と最後のご挨拶に伺いました。

c0119140_10353515.jpg




生前、自分で作ったと言う真っ赤なドレスに身を包み、うっすらとお化粧してもらったナティーは、本当に、安らかな顔をしていました。


最後に一組残ってた、私たちの友人の娘さん一家もようやくグリーンカードが取れ、去年の11月にアメリカへ。

それを見届けて、ホッとして旅立ったのかな...。



ふるさとの地で、どうぞ安らかにお眠りください。
[PR]
by tuguki3964 | 2010-01-04 10:40 | その他のいろいろ
<< 見つけた~~~! おかげさまで...今日もご馳走... >>