アメリカ西海岸在住、グータラ兼業主婦のグータラな日々。
by tuguki3964
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
引っ越しました。
新しい引越し先はこちらです。

なまけものってすごい...Ⅱ
カテゴリ
全体
今日の夕食
本日のランチ
食べること
作ること
お道具自慢
その他のいろいろ
ひとりじゃできないじゃん
レシピ
Norah
折り込みチラシ
2011 帰省
明日の朝ご飯
母がアメリカにやってきた
Halloween 2008
2008 夏休み
2008 帰省
Christmas 2008
お出かけ
成長の証
2009 帰省
2009 旅
Thanksgiving
2010 ビーチにて
Bahamas
2009 Christmas
2010 帰省
Anatolian Festival
サプライズ大作戦
今日のご飯。
2008 義父母がやってきた。
2010 一日だけの夏休み
INSF 2010
2010 2時間だけの観光気分。
徘徊中年。
2010 Christmas
検索キーワード
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
お気に入りブログ
迷わず並べよ 食べればわ...
アメリカ南部ど田舎奮闘記
いつも食べることばかり
talk to myself
月桂樹~Laurus-n...
ハギスはお好き?
Tammi's Kitc...
*ヨーコさん家の台所*
楽子の小さなことが楽しい毎日
トルコ~スパイシーライフ♪
シンクロナイズドクッキング
コーンブレッドのある食卓で
ワーキングママの日記 カ...
酒とコーギーと男と女
Ninukitchen便り
ミカフェ
Beautiful waves
日だまりカフェ
らららのら~と暮らしましょ♪
知りたがりやの食べたがりや
美味を求めて~多国籍ロサ...
PoroとHirviのとおり道
ひびのしあわせ。
あじな生活
ごんの徒然。~LAから・...
美しき因果応報
Vintage Radi...
TREAT FOR ...
ももはな
ICEBLUE
Serendipity日和
ロサンゼルスの片隅から愛...
日々平安
hummingbird は
Tammi's Kitc...
街の灯り
最新のトラックバック
ママのフルーツケーキ(ク..
from Serendipity日和
ブラッドオレンジとレモン..
from イルンに居るんデス
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
サバ料理は続く。。。
from イルンに居るんデス
シーフードサラダ(A T..
from TREAT FOR ..
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
シュレッドビーツのロシア..
from 知りたがりやの食べたがりや
(ヴァレンタインは無視し..
from ハギスはお好き?
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:2009 旅( 14 )

帰り道。



どこまでも、どこまでも、どこまでも...続く、下り坂...。



c0119140_1248354.jpg






c0119140_124831100.jpg





c0119140_1343212.jpg






c0119140_1249957.jpg






c0119140_12535072.jpg





ほぼ、下界...。
c0119140_125038.jpg

[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-23 13:06 | 2009 旅

5円玉の穴。

トレッキングの途中で見かけたお花たち。

c0119140_911681.jpg


c0119140_912861.jpg


どれも、5円玉の穴ぐらいの大きさしかないんだけど、健気でかわいい...。






おまけです。

More
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-22 09:15 | 2009 旅

今年は大丈夫だろうね...。

3日目。

昨日、ミュージアムの帰りに寄ったビジターセンターで、同居人が  Gold Fever Trail self-guide auto tour  なるコースを発見した。

要するに、自分の車でオフロードを走って、ゴールドラッシュの頃のいろいろな跡地を見に行くコース。

“今日は、そこに行こうかと思ってるんですが...。”

“それって  死に掛けたり   しないでしょうね。”

“大丈夫です。   昨日、ビジターセンターの人にも確認を取ったけど、二駈の車でも十分走れる、安全なコースだそうです。”

“絶対、絶対、絶対、大丈夫?”

“大丈夫です。”

“私、二度と、死にかけたりしたくないからね...。”


ってな感じで、ビジターセンターで貰った地図を片手に、出発。
c0119140_12465049.jpg

たしかに、とりあえず、これなら二駈でも大丈夫だね...。


このコース、見学ポイントは全部で12ヶ所。

車を止めてすぐに見られるところもありますが

こんな道や...。
c0119140_12515319.jpg


こんな道を...。
c0119140_12581827.jpg

15分ほど歩かなきゃならないところもあります。 

でも、まぁ、昨日のトレッキングコースを思えば、こんなのまったく平気!



こちらは、当時労働者が寝泊りしていたログキャビンの跡。
c0119140_1313520.jpg

この並んだ石が土台だったとしたら、かなり小さなものだったんだろうな...。


こちらが、復元されたログキャビン。
c0119140_133213.jpg

小さっ!



これは...。
c0119140_1343589.jpg

ハンギングツリー。

何をつるしたかは...あえて申しません。



こちらが、鉱山の入り口。
c0119140_13142551.jpg

一歩足を踏み入れるだけで空気がひんやり。
この、見るからに硬そうな岩を、あんな小さな小屋に寝泊りしながら、ほぼ人力だけで掘っていたんだから、やっぱり、金って、魔物だったんでしょうね。





それにしても...許せん!

More こちら。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-20 13:17 | 2009 旅

び~~る~~~~!

思っていた以上に充実した ミュージアム見学 を終え、いったんモーテルに...。

今日の夕食、どうする~~~?


オフィスで貰ってきた小冊子やパンフレットを眺めてたら...。



ねぇ、ねぇ、Brewrey があるらしいよ~~~!

どの辺?

え~~と、〇〇ストリート。

その当り、今日、何度も通ったけど、そんな建物あったかな...。



で、まぁ、とりあえず行ってみて、見つからなかったら違う店に行くことにして、再びお出かけ。



美味しいビールを飲みたさに、いつもの数倍の真剣さで窓の外を眺める私...。


はっけ~~~~ん!
c0119140_9421198.jpg

そりゃ~、さっきは気がつかないはずだよ...。
だって Brewrey って言葉で、完全に、北海道の観光地にある “レンガの倉庫を改装しました。” とか “ドイツのお城をイメージして...。” なんてのを思い描いていたもの...。



でも、ちゃんと、こんな看板も出てます。
c0119140_9443989.jpg



まずは... ビールっ!


こちらがビールリスト。
数字は、お値段ではなく、アルコール度数。
c0119140_9455732.jpg



わたしが頼んだのは、こちら。
c0119140_9462975.jpg

お姉さんいちおしの Red Ant Hill Red Ale。
ちょっと焦げ臭いような匂いのする、滑らかな飲み心地のビールです。



お目当てのビールにありついて、ようやくゆっくり店内を眺めます。
c0119140_9501693.jpg

ほ~~、あの、ガラスの向こうでビールを作ってるのね...。


って...。


えぇ~~~~!

どひぇ~~~!

なんだ、そりゃ~~~!

その、どこかから拾ってきたとしか思えないカウチと、空き樽に板をのせたテーブルって... ありですか~~~~~?

(でも、けっして嫌いじゃないけど、こういう感じ...。)



おっ、さすがは酒場。
ジュークボックスがあるよ...。
c0119140_9571828.jpg


って...。

CDのジュークボックスなんて初めて見た...。




ボケボケ写真ですみません。
c0119140_9584578.jpg

同居人オーダーのハンバーガーと、わたしオーダーのチキンサラダ。

どちらも “普通に” 美味しゅうございました。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-19 10:01 | 2009 旅

ボランティアガイドのおばあちゃん、ありがとう。

博物館って、自分たちのペースで勝手に見るのも楽しいけれど、誰かに案内してもらうと、自分たちだけでは見落としていたと思われるものも見られて、それはそれで楽しいものです。


今回、ボランティアバッジをつけたおばあちゃんに説明してもらわなかったら見落としていたと思われるもの...。
c0119140_12353872.jpg

切り出した木材を適当な長さに切り、鉄の板を巻いたもの。
これ、即席の 車輪 として、木材の移動に使っていたらしい。

ほ~~~っ。

同居人とわたし、非常に感動。

車輪を作るのって特殊な技術が必要だけど、これなら簡単に出来るし、何より、山の中の道なき道を転がすのに十分な強度があるもんね...。



お次は、これ。
c0119140_12405967.jpg

1930年代から40年代にかけて使われていたと言う、ガンシューティングのマト。
ぶら下がった小さな丸は、上手く命中するとくるりと回転するようになっていて、右端の動物(馬かな...。)は、ひもでひっぱると鉄の棒の上を移動し “動く標的” になったそうです。

おもしろ~~~い!



こちらは、まぁ、ありきたりな学校の再現なんですが...。
c0119140_12462340.jpg

この学校の最後の先生は、キャリコ の鉱山が寂びれて仕事がなくなったため、こちらに移ってきたんだって...。

“エ~~~ッ、わたし達、去年の夏、キャリコに行ったんですよ~~~!” と、盛り上る!

“学校を維持するには生徒が6人以上いることが条件だったんで、どうしても揃わない時はオムツをつけた赤ちゃんまで椅子に座らせてたそうよ。” なんて話もおもしろかったです。


こちら、学校の始業を知らせる “スクールベル”。
c0119140_12522359.jpg

ひもを引いているのは、ボランティアガイドのおばあちゃん。


おばあちゃん、楽しかったよ~~~!

ありがとう~~~!
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-18 12:58 | 2009 旅

続  ミュ~ジアム。

チャックワゴンの分かりやすく簡潔な説明に感動しつつ建物の中へ。

受付で入場料を払う。

この作りでひとり3ドルはちょっとお高くありませんか?


なんて思いながら辺りを見回していたら、受付のおじいちゃんが
“この中にもいろいろと展示されてるけど、でも、そこのドアから外に出ると、いろんなところから移築した建物がたくさんあって、中に、その当時の暮らしが再現されてるから、ゆっくり見て言ってね。”
とおっしゃった。


ほ~~、そうなんだ...。


“何か分からないことがあったら、このバッジをつけた人に聞くといいよ。”


はい、ありがとうございます。


で、まずは、室内の展示で Big Bear Lake の歴史を簡単にお勉強。


最初にこの地に足を踏み入れたのは、今から8000年ほど前、この山のふもとのあたりに住んでいた 〇〇インディアン (トライブの名前忘れちゃった...。) で、夏の間の狩猟場だったらしい。

次は、さすがにからふぉらにあで、例のゴールドラッシュの頃、金を求めてやってきた人たち。

やぱり金ってすごいんだな...。
こんなところにまで道をつけて、大きな機材を運び込んじゃうんだから...。

金がなくなってからは、林業。
大きな木材を下まで運びおろすのは相当大変だったらしいが、でも、太い木の少ない南からふぉらにあではすごく珍重されたらしい。

その後、冷涼な気候を利用しての毛皮用のキツネの飼育なんてのもありまして、今のリゾート地へと変わっていきます。



ふむふむ。
いやぁ~、このミュージアムの説明は、分かりやすくっていいなぁ...などと感心しつつ、おじいちゃんが教えてくれたドアから外に出たら...。


出た~~~!

まただ~~~!


向こうから “ボランティアバッジ” をつけたおばあちゃんが満面の笑みを浮かべて、わたしたちめがけて歩いてくるよ~~~!


“あなたたち、中の、キツネの飼育の展示はごらんになった?”

“はい、見ました。”

“このね、アイロン台が細長くなったような板は、キツネの毛皮を干すために使っていたものでね...。”
c0119140_539261.jpg



“これは、キツネのえさを作るための、特別なミンサー。”
c0119140_540712.jpg




受付のおじいちゃ~~ん!
ボランテイァバッジを付けた方、こちらが質問する前にもう答えてくれちゃってますよ~~~!



実は、私と同居人、どうも、この手の場所で “学芸員” とか “ボランティアスタッフ” をひきつけるオーラがあるらしく、日本でも、博物館の類の場所に行くと、ほぼ百発百中、ご丁寧な説明をしていただいてました。


たいていの場合は、すごくおもしろいんでありがたいんですが、でも、まさか、そのオーラがアメリカでも通じるとは...。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-17 05:49 | 2009 旅

ミュ~ジアム。

去年とは違った意味で “死にそうな目” にあった後は、これまた、我が家の旅には欠かせない “ミュ~ジアム” へ...。

c0119140_14361655.jpg


こちら、事前に調べた際には、週末しかやってないとのことだったので諦めていたのですが、なんと、このシーズンは水曜日も開いているらしい...。

嬉しい~~~!

これは、もう、行くしかないでしょう...。



駐車場に車を止めて近づいていったら、まず、最初に目に飛び込んできたのが、このワゴン。
c0119140_14395819.jpg


チャックワゴンと言う、カウボーイ達の食事をいってにまかなっていたキッチン機能満載(?)の幌馬車。


移動の際には、カトルの群れやカウボーイ達よりも半日ほど早く目的地に行き、水や燃料、食料を調達。

って言っても、当然のことながら、上下水道完備のキャンピンググラウンドやスーパーがあるわけじゃないから、荒くれ男どもの胃袋を満足させるのは並みたいての仕事ではなかったらしいです。


しかも、このチャックワゴンって、料理だけではなく、時にはエンターテイメントも提供する “サロン” 的な役割も担ってたらしい...。


ほ~~~っ。

そんな説明を読みながら、私の妄想全開...。



この先の展示が楽しみだ...。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-16 14:58 | 2009 旅

これ、トレッキングっすか~~?

エンターテイメント付きブレックファストの後は、ちょっと運動。

私たちの旅のお楽しみのひとつ、トレッキングに行くことに...。



数あるトレッキングコースの中から私たちが選んだのは “キャッスルロック” と言う、往復5キロほどのコース。


道端の、わずかなパーキングスペースに車と止めて歩き出したら...。
c0119140_818221.jpg

嫌~~~な予感。


でっ、しばらく歩いたら...。
c0119140_820133.jpg

予感的中~~~!

この写真からお分かりいただけるかどうか...。

でも、ここ、すごい斜度なんです。


これ “トレッキング” じゃなくって “登山” だろ~~~!

しかも、足場が砂地なんでずるずる滑る...。


ぜぇぜぇ、ひぃひぃ、ぜぇぜぇ、ひぃひぃ...。


私もひどいが、私よりも体力のない同居人なんて、もう、息も絶え絶え...。


以前 “どうして、そんなにすぐに息が上がるの?” と聞いたら  

“だって、僕は、いつも、あなたを背負って行動しているようなもんなんだよ。”  とのたまった。


たしかに、あなたの体重って私の倍近いけど...。


だったら、痩せんか~~~!


すみません、話がつい横道に...。




っと、まあ、そんなこんなで、見晴らしのいい所でちょっと一休み。
c0119140_8255822.jpg



しっかりと保護色の術使っちゃってるけど...。
c0119140_8264040.jpg

トカゲさん。


なんとかたどり着いたぞ~~~!
c0119140_8273647.jpg

一応目的地の “キャッスルロック”。

“お城”...ですかね...。


帰り道。
c0119140_8304388.jpg


底のすり減ったスニーカーじゃ...危険だ...。

やっぱりちゃんとしたトレッキングシューズ、買おう...。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-13 08:38 | 2009 旅

かわいかったんだけど...。

モーテルの駐車場で、こんな子発見~~~!
c0119140_14195016.jpg


せっせと、穴を掘ってる、リスさんです。
c0119140_14211490.jpg


でも、これ以上は近づけなかった...。
c0119140_1422552.jpg

[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-11 14:22 | 2009 旅

一夜明けて...。

朝。

c0119140_7485023.jpg

爽やかな、湖畔の朝です。


ぴぃーぴぴぴっ な~んて、小鳥が鳴いてます。



朝食を食べにいったのは、町外れにあるこんな店。
c0119140_7504522.jpg


昨日のこともあるんで、ちょっと用心しつつ店内に踏み入れたら、グリルの前オッサンが振り向きもせずに言った。
“どこでも、好きなとこに座んな。” 

で、カウンターのはじっこに座ってる、常連らしきおじさんがこちらにウィンク。
c0119140_7552757.jpg


当り~~~、当り~~~。
この店、当り~~~!

わざわざ町外れを選んだのは大正解。

ここは、観光客じゃなくって、地元の常連さんが朝ごはんを食べに来る店なんだ。


まず、テーブルにど~~んと運ばれて来たのはこちら。
c0119140_759568.jpg

アメリカの “不味い物” の代名詞のように語られる、例の アメリカ~~~ンなコーヒーも、こういう店で飲むと妙に美味しい。


本当はは陽気なくせにわざと苦虫かみ殺したような顔をしてるおじさんが、パラパラ、ジュ~~、ポンポン...ってな感じで作ってくれたのがこれ。
c0119140_825263.jpg

ハッシュドブラウンとソーセージとフライドエッグ。
私の一番好きなアメリカンブレックファストです。


こうやって...。
c0119140_843221.jpg

まぜまぜしたフライドエッグとハッシュドブラウンをバターたっぷりのトーストにのせると美味しいんだ...。



私たちが食事をしている間にも、次々と現れる常連らしき皆様。  (推定平均年齢70歳...or more...。)
c0119140_882366.jpg


左端、さっきウィンクをしてくれた黄色いシャツのおじさんは、忙しそうな店のおじさんやお姉ちゃんの代わりに隣のおじいちゃん達にコーヒーを入れてあげて、ついでに、私たちのところにもおかわりを薦めてくれます。

違うテーブルに運ばれていくパンケーキの大きさに驚いたわたしが “すご~~い。  今のパンケーキ、こんなに大きかったよ~~!” と、同居人に日本語で話しかけたにもかかわらず、黄色いシャツのオッサン、何の話か分かっちゃったらしく、わざわざ私のところまできて、わたしが示した大きさの倍ぐらいまで手を広げさせて言いました。 
“違う、違う。  ここのパンケーキの大きさは、このぐらいだよ。” 


店のおじさんとお姉さん、常連さん、配達のあんちゃん。
からかったり、からかわれたり、和気藹々と交わされる会話はまるで小話のようで、こちらも思わずつられてクスリ。


おじさ~~~ん!
ごちそうさま~~~!
美味しかったよ~~~!

って、帰ろうとしたら、またまた黄色いシャツのオッサンが...。

“Big Bear Lake で一番のエンターテイメント、楽しんでくれたかい?” だって...。


“はい。  十分満喫させていただきました!”


こういう時に “旅っていいな...” って思います。
[PR]
by tuguki3964 | 2009-07-10 08:26 | 2009 旅